人気ブログランキング |
Schreiber 5091 #2455□
f0031383_21144285.jpg
東京都在住であるM氏所有のシュライバーとヘッケルボーカルCC1をオーバーホール致しました。小生からは修理内容をお知らせしたいと思いますが、詳細についてはM氏がバスーン♪の杜に記録されましたので、宜しければ、此方をご覧ください。

『修理内容』

弊工房SOコースを基礎値としました。
分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの除去)
キィー及びキィーポストのAgメッキ仕上げ
管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)研磨仕上げ
部品交換(全タンポ、全キィーコルク・フェルト交換)
部品交換(スプリングの交換及び修復)
塗装修正(テナージョイントのMount角の剥げ、表面研磨)
U字管コルク交換
全体バランス調整とタッチ感の調整
音孔上面調整と表面処理
ストラップリング止めネジ摩滅の為、交換
貫通連絡棒不適の為、2本交換
Heckel CC1修理(割れ修理、Agメッキ、コルク巻)
タンポのネチャ付き防止(上記SOコースに組込み)
ハンドレスト軸の適正化(軸取外し、新規軸装着、止めピン打ち)
Heckel CC1使用で、A=441-442Hzを可能にする。
最低音D2の音程と音色の改善。(高めになり、音の抜けが悪い)
最低音部(E2より下)の楽器の鳴りの改善
強く息を吹き込むとC#3の音程が下がることがある。




U字管/修理後
f0031383_21181691.jpg

ボーカルの割れと凹み/修復後
f0031383_2118416.jpg

修理前の音孔上面(塗装が浮いて割れている)
此れではタンポを新しくしても息漏れがしてしまいますね。
f0031383_21193035.jpg

by hiroshi_kenmochi | 2007-03-28 18:30 | 近況


<< Heckel #1105□/4 Moosmann 500 pr... >>