<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Heckel #144□□/5
f0031383_18193580.jpg


都内・某オケのS女史からご依頼があり、弊工房のLMコース+ご要望点と言うことで、以下のような修理をしました。ご多忙の為にお預かりするタイミングが大変に難しかったのですが、年末のこの時期を狙って、漸く実現しました。 日程の関係で、他の要望については次回と言う事で、来年のご予定を伺い、進めて行く事となりました。

1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの適正化)
2)管体表面の汚れ除去と磨き
3)部品交換(損傷タンポ9点、損傷キィーコルク・フェルト交換)
4)High keys / 双柱のフェルト追加と動き調整
5)全タンポ息洩れチェックとナチュラルレザー仕上げ
6)部品交換(スプリングの交換及び修復)
7)テナーとバスジョイント抱き合わせ改善
8)ジョイント糸の交換と嵌合調整
9)全体バランス調整とタッチ感の調整
10)High keys 位置関係改善と操作性向上
11)右手薬指 G key 改造(形状変更、溶接・バフメッキ)
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-12-29 17:00 | 近況
Mollenhauer #234□
f0031383_17574155.jpg

熊本県在住のY氏に”も”大変にお待ち頂きましたが、漸く修理の時期を迎え、今月初から以下の内容で作業を進めてまいりました。 バランサーの不具合、音関係の改良など、小生にとっては盛り沢山でしたが、早期に仕上がりました。予約でお待たせした分、少しは取り戻せたかなあ~と勝手に解釈しています。

1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの適正化)
2)キィー及びキィーポストは軽い磨き(分解掃除)
3)管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)軽い磨き(分解掃除)
4)損傷タンポ、損傷キィーコルク・フェルト交換
5)損傷スプリングの交換及び修復
6)ジョイントの嵌合は現状とします。
7)U字管は凹直し(ご要望)とアンティーク仕上げ
8)全体バランス調整とタッチ感の調整
9)音孔内のオイル処理(状況に応じて)
10)全体バランス調整とタッチ感の調整
11)バランサー関係の修復と改良
12)ストラップリングの内径と厚みを改造
13)ソケット新規製作(外形と全長を変更)
14)バランサー本体・固定ネジの位置を改良
15)腐食の激しいキィー3点の再メッキ
16)音程音色のカスタマイズ(緩和)
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-12-29 14:42 | 近況
Schraiber #2814□
f0031383_17392847.jpg

愛知県名古屋市に在住のNさんからご依頼を受けていたのですが、なかなかお受けできず、この年末になってしまいました。 楽器を拝見して、LMコースで以下のように対応しました。

1)分解掃除と変色部の軽い磨き、ノイズ除去とグリスアップ
2)左手小指Eb key / 動き修正
3)Low Bb (ベル)/一部が剥がれの為、再接着
4)左手親指Low Bb key / 双柱と接触(変形)の為、調整
5)右手親指 Fis key / 操作性向上の為、調整
6)右手親指 Bb 音孔 / 乾燥の為、オイル処理
7)右手小指 F / コルクは破損の為、交換
8)右手小指 F key / 動き修正
9)右手小指 As key / 動き修正
10)右手薬指 Bb key / 一部が剥がれの為、再接着
11)右手薬指 G key / 軟物の剥がれ、ノイズも有り交換
12)右手薬指 G key / 動き修正(Bb trill関連・ネジ付芯金直し)
13)左手中指 High Eb key / 一部が剥がれの為、再接着
14)Whisper pp / ガタの除去と連絡部変形修正
15)左手親指 pp key / 軟物劣化の為、交換
16)全タンポ息洩れチェックとタンポ合わせ調整(交換6点)
17)High D,C,A, Cis key の双柱接触部へ不織布追加
18)High D key 高さ・角度調整とストッパーコルク交換
19)Whisper pp key / コルクとチューブ交換
20)ボーカル / 嵌合コルクの劣化が有り交換
21)全体バランス調整とタッチ感の調整及び新規嵌合
22)音程音質のカスタマイズ
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-12-29 12:30 | 近況
Heckel #529□/5
f0031383_17201439.jpg

東京都在住のM氏が愛用しているオールド・ヘッケルを修理(OH)する事4.5ヶ月、大変お待たせしてしまったのですが、漸く完成しまして、この日、お引渡しが無事完了しました。 痛みが酷い部分や長年の変遷でオリジナルから大きく離れた部品が付いていたりと、なかなか根性がいる楽器でありましたが、良い経験をさせて頂いたと思っています。以下は概要です。

1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの除去)
2)キィー及びキィーポスト他金属部のAgメッキ仕上げ(Ni→Ag)
3)キイーポストぐらつき部分や木部の補修(割れ)、交換修復
4)管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)整形、補修、Ag鍍金
5)部品交換(全タンポ、全キィーコルク・フェルト交換)
6)部品交換(スプリングの交換及び修復)
7)管体ジョイント交換(コルクから糸)及び嵌合調整
8)キィ-芯金やピボットスクリューの摩滅、不適の交換及び修復
9)摩滅したキィーの修復及び交換
10)High D,C key キィーシステム改造
11)右手親指ロックキィー新設
12)U字管の凸凹修正とコルクの交換
13)全体バランス調整とタッチ感の調整
14)着色及び全塗装(色合い現状、トラ目無し)
15)再鍍金(研磨に必要)の為、剥離
16)ボーカルコルク交換
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-12-13 11:30 | 近況
Moosmann #315□

f0031383_18421888.jpg
神奈川県在住のI氏からのご要望でHigh D key の増設を行いました。このタイプはHigh D key が無い仕様ですから、High C key 等、他部品の位置に余裕が無く、間隙を何とか利用して、音孔位置を決め、キィーなどを搭載しました。

1)High D key 増設とHigh C関係部品改造
 *High D key 集成部品製作
 *High D 音孔部品&High D 用双柱/製作
 *High D 用キィーポスト、ストッパー柱/部品製作
 *音孔穴明け、他加工(High D ポスト、双柱)
 *High D key 板バネ受け製作と管体埋込加工
 *キイーポスト加工、(芯金製作含む)
 *High C key 改造(ブリッジ化+双柱再度切削)
 *High D, High C key 板バネ、止めネジ新規取付
 *ジョイントヒンジ/切欠け切削
 *改造部調整(タンポ合わせ、軟物取付、連絡)
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-12-02 18:47 | 近況