<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Heckel #1262□/2
f0031383_16435528.jpg

千葉県在住のO氏よりオーバーホールのご依頼を受けましたが、製作しなければならない部品など、作業は想像以上に難航しました。お待たせしましたが漸く完成して、無事にお送りする事が出来ました。

1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの除去)
2)キィー及びキィーポスト他金属部のAgメッキ仕上げ
3)管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)整形、絞り、Ag鍍金
4)全タンポ、全キィーコルク・フェルト交換
5)スプリングの交換及び修復
6)ローラー固着解消とローラーと芯金交換(一部)
7)連絡棒交換(サイズ不適、ヘッケル仕様へ)
8)キィ-芯金やピボットスクリューの摩滅、不適の交換及び修復
9)右手人差し指Es trill Cis trill キィ-ポスト位置改善
10)右手親指Bbキィー形状変更
11)位置決め板部品取付(部品製作)
12)pp pad カップ関連角度不適の為、部品交換と改造
13)ボーカルコルク交換と研磨
14)U字管コルクの交換
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-10-27 16:41 | 近況
Heckel #1415□/2
f0031383_16274533.jpg
 
今春に神奈川県在住のTさんからメンテナンスの依頼を受けましたが、その後の打合せで弊工房BRコース+音改造に内容が変わり、お待たせしましたが、以下のように行いました。

1)分解掃除と管体の軽い磨き
2)キィーノイズやガタの除去(ネジ調整)
3)ジョイント糸の嵌合調整
4)右手中指リングkey木部接触修正
5)連絡棒交換(ヘッケル仕様)
6)全タンポ息洩れチェック及び交換調整
7)全タンポ開き、キィーの操作性改善
8)全体バランス調整とタッチ感の調整
9)ボーカルの研磨とコルク交換
10) High keys 改善(KBWステップ1仕様)
11)Low H,Bb 、High D,C,A keysの調整
12)音程音質のカスタマイズ
  ①Fis2,C2,C3音程改善
  ②全体ピッチの調整
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-10-21 15:21 | 近況
蓼科Bassoon-2008- 名古屋公演
f0031383_1601086.jpg
蓼科Bassoon2008による演奏会が新大阪・Muramatsu recital hollと名古屋・電気文化会館ザ・コンサートホール(詳細はパイパース12月号P86)で行われ、小生は10/13日の名古屋公演に出かけました。中川先生にお会いするのは4年ぶりと言う事で、少々興奮気味!プログラムは全曲がファゴットに編曲(作曲に近い!)された愛しのバッハ!多彩な色彩感!躍動する音楽!そして音のドライブ感・・・最後まで飽きることなく拝聴できました。BSNの特性を熟知した中川先生だからこそ出来る【技】なのでしょう!昔、初めてお目にかかった頃の輝きがあせることなく、そこにありました。 ご案内頂いた蓼科バスーンカルテットの皆さんとパイパース杉原氏に多謝!

久々にお目にかかり!
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-10-13 14:00 | 近況
Yamaha C2 Bocal (付属品) 形状改造
f0031383_2133597.jpg

先端部を12.5mm上方へオフセット / 改造後の形状比較

千葉県在住のAさんはご自身の吹奏姿勢を改善する目的で、ボーカルの角度変更を希望され、弊工房ではBPO / Herr Schbeigert で経験した手法を使い、写真のように改造を行いました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-10-06 14:19 | 近況
Heckel #142□□/2
先般に引続き、東京都在住M氏(フリーランス)から音程調整の依頼があり、以下の点について改良を行いました。

1)関連音孔と倍音調査
2)D2とD3の音程調整
3)Es3抵抗感改良
4)C2,Cis2,E2,E3の音質調整
5)Low Dの音程のつぼ調整
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-10-04 13:00 | 近況
Fox BS #3984□
f0031383_2001938.jpg
石川県在住M氏から弊工房LMコース+変形したバランサーの改善+音調整と言うことでご依頼を受け、以下のような概要で修理を行いました。

1)分解掃除と変色部の磨き
2)キィーノイズやガタの除去とグリスアップ
3)ジョイント糸の巻き足しと嵌合調整
4)Low D key-guard&Key の傷を除去
5)Low Bb, Es,High A, As /フェルト追加、
6) Low H連絡部改良
7)全タンポ息洩れチェックと合わせ調整(交換も含む)
8)High A キィー高さ調整(他keyへの操作性向上)
9)全体バランスとタッチ感の調整
10)バランサーの変形修復及び強度改良
11)音程音質のカスタマイズ
  ①Fis2・As1・As2の音程改善
  ②硬質なFis2音の音色改善
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-10-04 10:30 | 近況
Oscar Adler 1357 #153□□
f0031383_23102638.jpg

昨年12月に福島県在住のH氏からAdlerの改造のお鼻意を頂きました。お打合せの結果、今年の8月からと言う事でご了解を頂き、弊工房BRコースを基に修理を行いました。エボナイト部分を銀パイプにするという事で、通常よりも太い素材を購入する必要がありました。昨今の金銀材の高騰には驚きました!

1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの適正化)
2)ローラーのノイズ解消と動きの改善(オイリング)
3)キィー及びキィーポスト他金属部(キャップ)の磨き仕上げ
4)管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)磨き仕上げ
5)全体スプリングのテンション及び動きと操作性調整
6)部品交換(損傷タンポ4点、損傷キィーコルク・フェルト)
7)部品追加(ノイズ解消の為、キィーコルク・フェルト追加)
8)音孔上面、音孔内調整と塗装
9)全タンポ息洩れチェックとタンポ合わせ調整
10)全タンポ・革の保護剤塗布
11)ジョイント糸・交換及び嵌合調整
12)ボーカルの研磨とコルク交換
13)全体バランス調整とタッチ感の調整
14)ベルジョイント打痕傷他、塗装修正
15)音孔パイプ 6箇所交換(Ag材仕様)
16)右手中指、左手薬指リングキィー再鍍金
17)左手親指High D,C操作性向上/形状改良
18)左手親指Low H,Bb,接触防止/形状改良
19)音程調整(ご要望点他)
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-10-03 18:30 | 近況