<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Heckel #151□□/4
東京都在住のM氏(N交響楽団)からご依頼を受け、以下の内容で調整を行いました。今回はG keyのケリ溝の問題が中心でしたが、キィー位置など、演奏上で生じる不具合を微調整しました。

1)右手薬指 G key 上方位置曲げ調整
2)右手薬指 G key ケリ溝整備(ロウ溶接)
3)右手親指 Fis key 着地感調整
4)右手小指 As key 高さ下方修正
5)右手人差し指 Es trill key 連絡部ギャップ調整
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-09-30 09:30 | 近況
Heckel #143□□/2
東京都在住S氏(新Nフィル)から調整のご依頼を受け、下記の内容で行いました。

1)右手親指E-keyの開き調整
2)右手薬指G-keyの動き不良を解消
3)右手小指As-key 動きと開き調整
4)Aタンポ、Gタンポの開き調整
5)Low H,Low C Low D連絡調整
6)右手親指Bb key ストローク調整
7)右手中指リング高さ調整
8)ボーカルコルクの交換と嵌合調整
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-09-29 11:30 | 近況
Sonora #1115□
石川県在住のOさんから調整依頼を受けまして、弊工房MRコースを基に下記内容で実施しました。完成写真は撮影したと思ったんですが、PCの中に無く、どうも忘れてしまったようです。御免なさい!

1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの適正化)
2)キィー及びキィーポストの磨き仕上げ
3)Low Cis, Whisper pp, シャフト変形修復
4)Key-post木部緩み、木ネジ木部の補修
5)管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)磨き仕上げ
6)部品交換(全タンポ、全キィーコルク・フェルト)
7)部品交換(損傷の激しいスプリング)
8)ジョイント糸の交換と嵌合調整
9)ボーカルコルク交換
10)全体バランスとタッチ感の調整
11)ジョイントヒンジ棒製作(L型)
12)管体表面の磨き(油分、汚れ)
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-09-24 15:35 | 近況
Heckel #138□□/1
f0031383_20192259.jpg

今年の1月に京都市在住のN氏(K市交響楽団Fg首席)から全体調整と改造のご依頼を受けましたが、9月の実施となってしまいました。長らくお待たせしてしまって、本当に申し訳ない気持ちです。内容についてはLMコースを中心に下記のように行いました。

1)分解点検、グリスアップ(キーノイズやガタの適正化)
2)タンポ交換(Es trill,High A&D,Cis trill,A(G),As)
3)左手薬指リングキィー動き不良の改善
4)High H 連絡キィーのケリ溝不良とバネ形状改善
5)左手親指Cis、High D,C,Aキィー動き調整
6)損傷キィーコルク・フェルトの交換及び追加
7)Fis,LowDの音孔部の修復
8)ジョイント糸の追加と嵌合調整
9)Low Bb, H キィーの横揺れの修正
10)U字管ゴムの再接着
11)連絡バランスとタッチ感の調整
12)全タンポ息洩れチェックとタンポ合わせ
13)左手小指Cis,Esキィーの形状変更と操作性向上
14)音関係調整
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-09-21 12:00 | 近況
Heckel # 15367/1
f0031383_21455133.jpg

Filamonica della scala Principal Fg / Valentino Zucchiatti からヘッケル('08.Jun購入)の音程調整をして欲しいと、依頼があり、来日中の対応と言う事でお受けしました。現在抱えている仕事との調整が大変でしたが、何とか夜の時間帯などを使って仕上げる事が出来ました。今回、修理内容は割愛させて頂きますが、ヴァレンティーノは大変に喜んでくださって、Filamonica della scala・Asian Tour 2008・サントリーホール公演(Tchaikovsky Symphony No4)で修理したばかりの楽器を使いました。(本番5分前に決めた!と云っていました) 愚生にはとても難しい仕事でしたが、”新しいヘッケル”を理解する上で、貴重な体験でありました。ヴァレンティーノ grazie!

ヘッケルのロゴ/ケースの上蓋に
f0031383_2147356.jpg

特注キィー
f0031383_21474065.jpg

[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-09-06 13:00 | 近況