<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Heckel #1420□/2
フリーランス・M氏(東京都在住)からのご依頼で、幣工房EOコースを基にオーバーホールと改造をを行いました。ご所有のダブル(ブーツ)ジョイントの肉厚分布に特徴があり、音孔の全長変化を加味し、M氏のご要望とあわせ音孔設計しました。

1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの除去)
2)キィー及び金属部(キャップ、バランサー)のAgメッキ仕上げ
3)管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)研磨仕上げ
4)部品交換(全タンポ、キィーコルク・フェルト交換)
5)部品交換(スプリングの交換及び修復 G芯金交換)
6)管体ジョイント糸交換及び嵌合調整
7)ボーカルの研磨とコルク交換(2本)
8)U字管パッキン(ゴム)の交換
9)全体バランス調整とタッチ感の調整
10)ウィング・ジョイント塗装剥離修正(打痕)
11)音孔パイプ6本交換と音程調整
12)音程調整
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-07-29 16:19
YFG811S #314□
京都市にご在住のM女史のご依頼で、弊工房SOコースを基に下記内容で修理を行いました。品番の最後にあるSはS倉楽器の特注品です。バランサー、Bbガード、ハンドレスト支持台が低い仕様、左手Es trill key が付加されていました。現在はヤマハが価格改定した為、仕様が少し変化していますので、前述は古い情報です。

1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの適正化)
2)キィー及びキィーポスト他金属部(キャップ)のAgメッキ仕上げ
3)管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)磨き仕上げ
4)部品交換(全タンポ、全キィーコルク・フェルト交換)
5)部品交換(スプリングの交換及び修復)
6)部分塗装(中指E音孔、小指D音孔付近、Dj&Bj側面)
7)ジョイント糸・交換及び嵌合調整
8)U字管コルクとボーカルは状態が良いので現状
9)全体バランス調整とタッチ感の調整
10)ベルリング(人工象牙)の研磨
11)左手小指Cisピボットスクリュー摩滅の為交換
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-07-18 10:00 | 近況
Heckel 1294□/4
f0031383_15122275.jpg
富山県ご在住のN氏からご依頼を受け、ご要望から弊工房LMコースにて下記内容でメンテナンスを行いました。

1)分解掃除、管体表面の汚れ除去及び光沢だし

2)キーノイズ除去、ガタの適正化とグリスアップ
3)部品交換(損傷タンポ1点、損傷キィーコルク・フェルト)
4)部品追加(ノイズ解消の為、キィーコルク・フェルト追加)
5)全タンポ息洩れチェックとタンポ合わせ調整(交換も含む)
6)全体バランス調整とタッチ感及び操作性の調整
7)ベル、バスジョイント内面の油除去
8)U字管近くのバス側内面塗装修正
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-07-14 14:59 | 近況
Teatro Alla Scala Mr.Valentino Zucchatti
f0031383_17471215.jpg

浜松国際管楽器アカデミーの講師として、昨年同様に来日していたミラノスカラ座首席Fg、Mr.Valentino Zucchattiから連絡が有りお会いしました。この日の夕刻、彼の誘いで浜松に出かけ、アカデミーの練習風景を見学した後、浜松駅近くのイタリアンレストランに行きました。Z氏と同じ北イタリア出身のシェフがやっていると聞き、此処を選びましたが、彼も気に入ってくれた様子でほっとしました。3時間ほどワインを飲んで食べて、語学力に問題が有るも(汗)情報交換と9月初めに再来日(ミラノスカラ座公演)する時の打合せを行って、ほろ酔い気分で、最終電車に飛び込みました。今回はツーショットの写真が取れませんでしたが、お店のスタッフとの写真を撮りました。(以下)
f0031383_1832669.jpg

[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-07-02 17:00