<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Heckel #1069□/4
f0031383_14332484.jpg

東京シティーフィル・S氏(栃木県在住)からのご依頼で弊工房EOコースを基にオーバーホールを行いました。古色仕上げに苦労しましたが、何とか自然な形で修復できました。

1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの適正化)
2)キィー及びキィーポスト他金属部のAgメッキ仕上げ
3)管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)Agメッキ仕上げ
4)胴輪の嵌合と整形仕上げ(ベル部は楓材で補強)
5)部品交換(全タンポ、全キィーコルク・フェルト交換)
6)部品交換(スプリングの交換及び修復)
7)部品交換(High E,High Es key 連絡ノックネジ交換)
8)部品交換(HighA,Gkey J芯金製作交換)
9)部品交換(Whisper pp他、スクリュー交換)
10)部品交換(Fis key,As key廻り止ネジ交換)
11)High C 連絡棒(足)のソケット除去、正規仕様製作
12)管体ジョイントコルクを糸に交換及び嵌合調整
11)全体バランス調整とタッチ感の調整
12)トラ斑付き部分塗装と全面塗装の修復(光沢出し)
13)音質音程調整(修理依頼書)
   *へ音記号第2間 Cis音程のつぼ明瞭化
   *少し低目な音程のD3~Fis3までを調整
14)左手・右手小指 Cis,Es,F,As の操作性向上
15)左手親指 Cis key を勾玉タイプに製作変更
16)左手親指 Lock key を勾玉タイプに製作変更
17)左手親指 D key を勾玉タイプに製作変更
18)左手親指 C key を勾玉タイプに製作変更
19) Low H、Low Bb の角度調整
20)Bb key のタンポ開き改良

完成写真集
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-05-31 14:20 | 近況
Heckel CC No.1 pre-war
f0031383_14194635.jpg

東京都ご在住のH氏からボーカル改造(H氏HPに詳細)のご依頼を受けました。工程が進捗する間に割れが見つかり、kの部分の修復も含め、以下の内容で修理を行いました。

1)ベント形状の変更と溶接部の修復
2)コルク新規巻き直し
3)再Niメッキ実施
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-05-26 14:13 | 近況
Moosmann #312□
愛知県ご在住のNさんから依頼を受け、幣工房LMコースを基に以下のような項目でメンテナンスを行いました。
 
1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの適正化)
2)キィー及びキィーポストの軽い磨き仕上げ
3)全タンポ息洩れチェックとタンポ合わせ
4)部品交換(損傷キィーコルク・フェルト交換)
5)部品交換(G3タンポ交換と関連調整、タンポ交換7箇所)
6)全体の連絡バランスとタッチ感の調整(固着部、ストローク等々含む)
7)音程調整
*低音域が発音しにくく音程が上ずる
*As2、As3~F3辺りが抵抗が強く音程が低め
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-05-26 14:06 | 近況
Moosmann447a #9212□
沖縄県宜野湾市にご在住のS女史より修理依頼を受け、ご要望から弊工房BRコースを基に下記内容で修理を行いました。特にご相談を受けたのはテナージョイント内部のエボナイト陥没についてですが、Moosmann氏とも情報交換して修理に当たりました。

1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの適正化)
2)キィー及びキィーポストの軽い磨き仕上げ
3)管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)軽い磨き仕上げ
4)部品交換(損傷タンポ、キィーコルク・フェルト交換)
5)部品交換(損傷スプリングの交換)
6)ジョイントの嵌合及び糸調整
7)U字管ゴムの片面接着と上面調整
8)Whisper pp - E連絡key の改善
9)全体バランス調整とタッチ感の調整
10)音孔内のオイル処理(状況に応じて)
11)テナー管内部のエボナイト陥没部補修
12)High A ‐ウィスパーキイ連動システム設置
13)全体の発音性向上と音のレスポンスの改善
14)最低音部(E2より下)の楽器の鳴りの改善
15)最低音(B1/H1)の音程と音色の改善
16)全体ピッチ改良(Heckel CC1使用)
17)F2~Gis2の音程と音色の改善 
  (F2音孔はパイプを製作挿入)
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-05-12 13:45 | 近況
Heckel #307□
f0031383_146533.jpg

富山県ご在住のN氏から様々な改良をお受けしたのですが、オールドヘッケルが故に限界がありました。つきましてはご相談の上、以下のような内容に留め、お納めしました。

1)右手親指Eキイーガードの木ネジ部が
2)Bキィー関係(貫通連絡棒含む)の穴埋めとCis付近修正
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2008-05-10 14:01 | 近況