<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Schreiber S31 #3269□
静岡県在住のSさんから弊工房LMコースでご依頼を受け、下記内容の修理を致しました。

1)分解掃除と磨き、音孔等々のオイリング
2)キーノイズ除去やガタの適正化とグリスアップ
3)部品交換(損傷タンポ箇所、損傷キィーコルク・フェルト)
4)ジョイント嵌合/糸調整
5)全タンポ息洩れチェックとタンポ合わせ調整
6)全体バランス調整とタッチ感及び操作性の調整
7)全体スプリングのテンション調整とキイーの固着解消
8)Low H key post 倒れによるキィ動き不良の改善
9)左手人差指F音孔パイプ上部付近の塗装クラック修復
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-08-30 17:34 | 近況
Mollenhauer ♯3393□
東京都在住フリーランスのTさんから弊工房MRコースに相当するご依頼を受け、以下のような内容で修理をしました。

1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの除去)
2)キィー及びキィーポストの研磨仕上げ
3)管体胴輪(テナー、ダブル、ベル)研磨仕上げ
4)ダブルジョイント・キャップ、U字管の研磨仕上げ
5)部品交換(タンポ、キィーコルク・フェルト交換)
6)部品交換(スプリングの交換及び修復)
7)部品交換(U字管コルク交換)
8)塗装/表面研磨及びシャインアップ仕上げ
9)ピボットスクリュー及びネジ部の防錆処理
10)ジョイント嵌合(糸巻き仕様をコルク仕様に変更)
11)全体スプリングのテンション調整とローラー動き調整
12)全タンポ息洩れチェックとタンポ合わせ調整
13)全体バランス調整とタッチ感の調整
14)Heckel CC2 XL の継手コルク交換
15)音程がフラットになるD(左手人差指と中指)の改善
16)低音のFから下の不鳴りの改善
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-08-29 13:14 | 近況
S-Bogen Heckel CC1
昭和音大で開催されたDRフェスティバルの会場で、名古屋市在住のY氏(M芸大講師)とお会いした際、ボーカルの修理依頼を受けました。内容は腐食部の補修と再メッキ、曲がり形状の変形について修復を行いました。使用感のわりには幸い溶接目の割れも無く、順調に仕上げる事ができました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-08-27 15:34 | 近況
Heckel #1006□/3&Heckel #804□/5
デュッセルドルフ在住のMr. S. Vanholen(Prof. Gustavo Núñez師事、European Youth Orchestra)と留学中のIさん(Prof. Gustavo Núñez師事)からのご依頼で以下のような修理を行いました。夏期休暇での来日の為、工期日程や完成後のご来工房のタイミングが難しかったが、無事終了!
Heckel #1006□/3
1)分解掃除とグリスアップ(キーノイズやガタの除去)
2)部品交換(損傷タンポ、損傷キィーコルク・フェルト)
3)全体スプリングのテンション調整とローラー動き調整
4)全タンポ息洩れチェックとタンポ合わせ調整
5)全体バランス調整とタッチ感の調整
6)管体内径、音孔等のオイル処理
7)塗装剥げ部の修正(アンティーク塗装)
8)ロック・カム機構調整(ナイフ・バネ交換)
Heckel #804□/5
1)全タンポ息洩れチェックとタンポ合わせ調整(交換も含む)
2)全体バランスチェックと調整
3)Low D、H の高さ改良とその関係連絡調整
4)Whisper pp の改良とその関係連絡調整
5)High A key の改良とその関係連絡調整
6)Tener joint Cis key の角度改良とその関係連絡調整
7)Double Joint fis key の角度改良とその関係連絡調整
8)A-pp connect arm 部品取付
9)Whisper pp 連絡バネ交換
10)G key タンポ開き改良

スナップ写真
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-08-20 15:07
YFG812 #212□&YFG811#100□
東京在住フリーランスのYさんとAさんからのご依頼で、弊工房LMコースを中心にメンテナンスとA音の音程音質調整を行いました。日程の関係でご来工中にすべてを終了させなければならず、慌しく作業を行いましたが、何とか終了して安堵しました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-08-15 11:26
Super Bocal CN2
東京在住T氏より、曲がって形状が崩れてしまったボーカルの修復を依頼されました。パイプが潰れないよう内部に詰め物をして形状を戻しましたが、パイプの扁平が微量でしたので幸いでありました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-08-14 17:20 | 近況
YFG812C #342□
現在、海外に留学中のMさん(北海道ご出身)のご依頼で、メンテナンス(弊工房LMコース)と改良を一時帰国にあわせて行いました。課題はイントネーションと音の繋がりの向上でしたが、音の繋がりについてはキィー・アクションのストロークやタッチ感に気をつけ、そして、パッドと音孔の接触タイミング等にも工夫をして見ました。更にポテンシャルをあげる為に、音の余韻についても改良を試みました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-08-14 10:00 | 近況
Double Reed Festival in Tokyo
第7回ダブルリードフェスティバルが昭和音楽大楽にて開催され、小生はヤマハ・ミュージック・トレーディング株式会社の依頼で、モースマン・ファゴット展示ブースのお手伝いを致しました。
f0031383_2049089.jpg


ブース会場全体
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-08-11 13:00 | 近況
Walter #825□
Alexandar Lenkov氏(Bassoonist with Malaysian Philharmonic Orchestra/Prof. Gustavo Núñez 師事)のご依頼で全体調整を行いました。3回目で漸くお互いの日程が合い、夏季休暇中に修理させて頂きました。当日は氏のご友人のShacikov氏(Nフィル)もご同行されました。

1)キーノイズ除去やガタの適正化とグリスアップ
2)部品交換(損傷タンポ、損傷キィーコルク・フェルト)
3)管体木部オイル(Linseed oil)処理
4)全体バランス調整とタッチ感及び操作性の調整
5)全体スプリングのテンション調整とキイーの固着解消
6)ボーカルコルク交換
7)" Bb-trill-key"の取外しと"G-key"の位置の改良
8)"A2 sounds " の音程と音質の改良

Lenkov氏&Shacikov氏
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-08-02 13:10