<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Heckel #1481□/2
静岡市に在住のM氏所有ヘッケルを弊工房LMコースで調整しました。内容はキーノイズ除去やガタの適正化とグリスアップ、劣化したタンポや損傷したキィーコルクやフェルトの交換、全体バランス調整と動きの調整等、主にメンテナンスが中心でしたが、High D,C,A key 操作性向上の調整(LowBb 関係含む)とFis2 の音程調整についても改善を行いました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-04-28 11:00 | 近況
Fossati 社 English horns Bocal
大阪市のT社よりのご依頼でFOSSATI ボーカル(クルーク)の角度変更を行いました。曲げ角度をつけて吹奏ポジションを改善する目的でした。内径形状が変形すると音質に影響が出るので、当て木などを工夫して曲げるのですが、ファゴットの薄肉ボーカルとは異なり、イングリッシュホルンのボーカルは肉厚がある為、少量の曲げでも緊張しました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-04-27 16:00 | 近況
Heckel S-Bogen CC1
東京都在住Y氏のボーカルは根元に掛かる応力で溶接目が裂けていました。先ずは変形の修復(内径潰れ)とボーカル角度(形状)の直し、変形の際に硬化した母材の補正、溶接目の割れ修正、溶接の為のpp音孔の脱着を行いました。そして、Agメッキと新規コルク巻き、音のチェックを行って終了しました。ボーカルの修復は何度やっても身が細る思いです。
でも・・・体型に変化が無いのは何故?(笑)
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-04-27 15:30 | 近況
Heckel S-Bogen CD1
愛知県在住K氏は2006年3月にボーカルを購入されました。いつものように掃除をしていたところ、亀裂のような所を発見され、中に水を入れて調べたところ、水漏れしてきたそうです。KBWでもメッキ層を剥がして調べたところ、なな、なんと溶接目の直ぐ横の母材が米粒大に欠損しているではありませんか!(驚)つまり、極薄の母材とメッキ層だけで今まで保たれていた事になります。使用期間から見て腐食ではないと思いますので、曲げ加工時の皺を削ってしまったか、管挽き時に浮きがあった物を削ってしまったか、の何れかが推測されます。損傷部を見て途方に暮れましたが、とても気に入って居られるボーカルと言うことで、チャレンジのつもりで修復に入りました。内容は材料欠損部の補修と溶接、母材di方向の割れの溶接、形状の均しと復元、溶接の為にpp音孔脱着、Agメッキと新規コルク巻き等々、を行いました。後日、K氏から無事に演奏会が終了したと吉報が入り、安堵しました。

損傷の詳細
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-04-27 12:30 | 近況
Heckel #1294□/4
f0031383_21471554.jpg

東京都在住N野氏のヘッケルをご要望点を幾つか加え、メンテナンスを行いました。
ご要望には塗装チェック(バスのEsキーの上部の皺他)、E key やサムレストネジ止めの穴埋め2箇所、High C key のNiメッキ及び調整、Whisper pp connect key 形状改造、Dj 底部木部の表面処理(白化)がありました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-04-20 13:30 | 近況
YFG812 ♯317□
東京都在住N氏のご依頼で久しぶりにヤマハを修理しました。楽器の状態から弊工房MRコースが相当でしたので、分解掃除、キーノイズ除去やガタの適正化とグリスアップから始めて、損傷タンポ・キィーコルク・フェルト他の交換及び再接着、スプリングの交換及び修復と全体調整をしました。ご要望の管体ジョイントコルクを糸に変更とバスジョイント部の塗装修正及び全体表面研磨、そして、明るく固めの音質を改良したいとの事で、タンポの材質を変更したり、内径や音孔等を調整しました。ボーカルコルク新規交換、変形したストラップリングの部品交換、High E, High Es key芯金の固着解消、メッキ損傷した Keypostや Key の再メッキ、ベル金属胴輪の変形を修復、等々盛り沢山でした。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-04-20 10:30 | 近況
Erde Doppel Rohr Excellent #211□
愛知県立M高校のHさんからのご依頼で、弊工房LMコースを基準にキーノイズ除去やガタの適正化とグリスアップ、タンポ交換も含む全タンポ合わせと全体調整をしました。Low E key GuardとJointhingeの止めネジを無くされた様で、Whisper pp key / High A connect arm 調節のネジ欠損もあって部品を追加しました。ボーカルコルク損傷の為、新規巻き直し、Fis1、Fis2音が鳴らないとの事で、他の関連音も含め調整をしました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-04-18 14:00 | 近況
Heckel #1105□/4
f0031383_21532934.jpg

フリーランスとして室内楽を中心にコンサートやソロ・リサイタルといった演奏活動の傍らT立芸術高校音楽科講師をされているY氏のご依頼で、ご所有のHeckelをオーバーホールしました。特に音孔パイプの変更では突出式への変更、材質の変更(エボナイト+洋白→Ag)といった音質面の改良も含む修理でしたので、緊張しましたが、無事にこの日を迎え、お渡しする事が出来、とても安堵しました。

修理内容は此方
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2007-04-17 13:00