<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
YFG811S #314□
現在、Wien在住のK女史(Prof.Turnovsky師事)から修理のご依頼を受け、来日に合わせて以下の様に修理を行いました。

1) キイーノイズやガタの除去とグリスアップ
2)部品交換(損傷タンポ、損傷キィーコルク・フェルト)
3)右手薬指のGキイーの針バネ交換(金属疲労による破損)
4)ジョイント糸交換と嵌合調整(バスジョイント細端部は除く)
5)U字管コルク交換(ご要望項目)
6)ボーカルコルク交換(2本、ご要望項目)
7)As音孔上面加工と全タンポ・ナチュラル・レザー・フィニシュ仕上
8)分解掃除とキイー等々の金属部の磨き
9)全連絡バランス調整とタンポ息洩れ調整
10)S-Bogen CD1 tip 変形修正
11)左手薬指のキイー調整
12)低音部の音程調整(特にE、F、Fis)
13)真ん中のCis,Es,Fisの音程調整
14)テノールのE音程調整とテノール音域の鳴り(伸び)改良
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-12-30 18:13 | 近況
Heckel #653□/2
N響Fg首席・M氏ご所有のオールドヘッケルを修理する事になり、幣工房のBRコースを基準に行いました。ある演奏会にご使用になられるとの事でしたが、修理前でも非常に良い音がしましたので、緊張のあまり胃が痛くなりそうでした。(汗)

1)分解掃除
2)ネジ部ガタ修正、キイーの横揺れと双柱の修正
3)キーノイズやバネバランス調整とグリスアップ
4)部品交換(Brile G, ppタンポを含む12箇所)
5)部品交換(貫通連絡ロッド、Low D カバー止めネジ)
6)右手小指Fisキイーのポスト部に廻り止め追加
7)全連絡バランス調整、全タンポ息洩れチェックと調整
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-12-24 11:30
Fox BS #3984□(JDR)
富山県ご在住のM氏からのご依頼で、幣工房LMコースに加えて、音の改良などの修理を行いました。
f0031383_2256238.jpg

1)キィーノイズやガタの除去とグリスアップ
2)部品交換(損傷タンポ、損傷キィーコルク・フェルト交換)
3)全タンポ息洩れチェックとタンポ合わせ調整(交換も含む)
4)全体バランス調整とタッチ感の調整
5)Heckel Bocal 折れ曲がりの修復とマッチングの調整
6)フォックス製バランサー取り付け作業とストラップリング改造
7)音程音質のカスタマイズ
  ①F1以下の低音域すべて上ずりの改善
   (D1、Es1/442Hzで+30cent程、その他+20cent位)
  ②C3,D3,Es3,F3のぶら下りと響きの改善(音程等)
③B3がぶら下がる。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-12-22 18:30 | 近況
YFG812 #325□
現在、ベネゼエラに赴任中であられるK氏からのご依頼で、メンテナンス及び音改良を行いました。クリスマスの一時帰国に何とか間に合わせる様、作業をさせて頂きました。

1)楽器の状態から幣工房LMコースを基本値とする
2)キーノイズやガタの除去とグリスアップ
3)部品交換(損傷タンポ、損傷キィーコルク・フェルト)
4)右手薬指のGキイーの針バネ交換
5)管体ジョイント糸交換と嵌合調整
6)全連絡バランス調整とタンポ息洩れ調整
7)High C key の芯金と鍵管が傷によって固着
8)バスジョイントのタンポ開きを中心に調整
9)音孔内面のオイル処理
10)Low Es, Dの音程調整、ピアニッシモの発音性向上
  (低音域のE以下のピッチが高くなる傾向)
11)中音域 F、Fis、G、Gis、A、B の音程調整
12)Fis1Fis2の音質改善
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-12-22 18:26 | 近況
YFG811 Mark I #100□
大阪府在住のYさんのご依頼で、幣工房BRコースを基礎値に修理を行いました。製番からヤマハの第一ロットの楽器です。前修理の過程で、純正部品でない物に変更されいる部分も有りましたが、とても懐かしく修理させて頂きました。(このモデルはProf. Richard Gallerも使っています。)
f0031383_22485376.jpg

1)キーノイズやガタ調整とグリスアップ
2)部品交換(損傷キィーコルク・フェルト追加及び交換)
3)部品交換(タンポ15箇所と全タンポに新規ラック注入)
4)管体ジョイント糸の交換による嵌合と抱き合わせ調整
5)全体バランス調整とタッチ感の調整、キイーストロークの調整
6)分解掃除とキイー等々の金属部の磨き
7)音孔上面加工とタンポ・ナチュラル。・レザー・フィニシュ
8)貫通連絡棒が不適な為、交換(竹籤→YFG純正部品3本)
9)ジョイントヒンジの修復と取付け調整(ネジ部品追加を含む)
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-12-17 18:39 | 近況
Heckel #1425□/1
N響Fg首席・M氏からのご依頼で幣工房LMコースに加え、以下の項目を対応させて頂きました。

1)分解掃除
2)キーノイズやバネバランス調整とグリスアップ
3)部品交換(Brile G, ppタンポ、右手親指 E key コルク他)
4)High H 連絡 key バネ再圧入
5)High Es key の曲がりによるタンポ息洩れを修復、
6)管体ジョイント糸嵌合調整
7)全連絡バランス調整とタンポ息洩れ部分の合わせ
8)Es3 音程の上昇の原因の調査と防止
9)バランサー試作品テストの為お渡し(ストラップ穴一つ追加)
f0031383_231123.jpg

[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-12-16 11:34
YFG812C #314□ & Amsti ABN 36 JS #188□/8
川崎市ご在住のK氏からYFGとKfgの修理と改造のご依頼を受けましたが、Kfgの音改良には大変に悩み、苦労しました。またKfg特有のメカ問題もあリましたが、解決策も含めとても良い経験となりました。

YFG812
1)全連絡バランスの調整、全体ノイズ 除去グリスアップ
2)『ガタ』の適正化、フェルトやコルクの修復と交換
3)各ローラーのノイズ除去の為、オイル注入
4)全体キーのタッチ感(動き)及び操作性の調整
5)Keys 連絡部のギャップ除去とストロークの調整
6)テナージョイント継手木部の防水処理
7)分解掃除と軽いキイー磨き
8)全タンポ合わせと再接着、Whisper pp 交換
9)ペチャつき緩和
10)ジョイント嵌合調整
11)LowDを中心とした低音の坐り、
12)D3の抜けや音程の安定化
13)全体ピッチの適格化(CCV 1番を使用したい。)
14)オープンFの音質改善(緩和)

ABN 36 JS

1)全連絡バランスの調整、ノイズ 除去とグリスアップ
2)『ガタ』の適正化、フェルトやコルクの交換
3)右手 F, As keyの動きの改善
4)全体キーのタッチ感(動き)及び操作性の調整
5)Keys 連絡部のギャップ除去とタンポ開き調整
6)分解掃除と軽いキイー磨き、音孔内面オイル処理
7)全タンポ合わせとラック注入による再接着
8)全タンポの革をレザー処理(劣化防止) 
9)音孔上面の平滑とエナメルラッカー塗布
10)各音孔調整と形状変更実施
11)音抜けや発音等々の改善
12)音のアタックの悪さと音が不安定さ解消
13)下第一線のEbの音の抜けの改良
14)第4線のF#、第4間のGの音の引っかかり解消
15)高音域の発音時にオクターブ下の音の混じり解消
16)上第1線のCから上音(特にD,D#)のつぼの改良
17)C#の音程と音の抜けの改良
18)息漏れとバランス調整
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-12-09 21:19
Püchner #128□/4
東京都ご在住のIさん(A先生師事)からキィー改造のご依頼があり、以下のように対応を行いました。
f0031383_2263526.jpg

1)左手親指の負荷軽減改造(High keysのコンパクト化)
2)High D key の延長とキイー形状の変更
3)High C key の延長とキイー形状の変更
4)High A key の延長とキイー形状の変更
5)右手親指 Cis key の位置とキイー形状の変更
6)右手親指 Whisper pp key の位置とキイー形状の変更
7)Low Bb key の形状変更
8)Low D key の形状変更
9)High A key 下ストッパーポストの改造
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-12-08 17:50 | 近況
Moosmann #354□
新潟県在住のN氏からのご依頼で、幣工房LM~BRコースを基本値に以下のような修理を行いました。

1)キーノイズやガタの除去とグリスアップ
2)部品交換(損傷タンポ、損傷キィーコルク・フェルト)
3)固定不良のキイーポストを修復
4)廻り止めネジ取り付け
5)管体ジョイント嵌合チェックと調整
6)全連絡バランス調整と全バネタッチ調整
7)全タンポ合わせ調整(交換も含む)
8)音孔とタンポの間隔が開きすぎの是正
 (O田先生に指摘された部分)
9)B♭トリルの連結する棒を取る
10)Whisper Key バネ交換(テンション向上)
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-12-08 10:30 | 近況
Heckel #7170 / 5 KL
William Waterhouse 氏のご友人でもある滋賀県大津市在住の渡辺 泱氏より、ご所有Heckelの改造依頼を受け、以下のように改造しました。この楽器はWaterhouse 氏より購入された楽器との事です。ダブルジョイント底部キャップにはペグ用のホルダーが装着されていて、Waterhouse styleの面影を残しています。

左写真は改良後の一般的な角度、
右写真は改善前でWaterhouse氏スタイル
f0031383_22252139.jpg

1)テナージョイント・ウィスパー・ピアニシモ・キイー改造
 ・連絡アームの延長
 ・連絡部の板バネ加工と板バネ取り付け
 ・ウィスパー・ピアニシモ・キイー材料入手及び改造
 ・バフ、Agメッキ
 ・組立連絡調整(新規タンポ、軟物取り付け)
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-12-07 18:08 | 近況