<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
YFG811 Mark I #104□
沖縄県の音大生Hさん所有のYFG811大修理が完了しました。1988年製と言うことも有って故障箇所が多く見られましたが、特にダブルジョイントのAs音孔に、初期では有りましたが腐敗が見られ、防腐防水の処理を入念に行いました。
f0031383_192360.jpg

[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-04-29 10:00 | 近況
YFG812 #324□ & Adler 1360 version III #9528□
関西のK□Fからのご依頼でYFG812の点検及び調整を行いました。この日は静岡大学管弦楽団のファゴットメンバー二人も来工。「楽団備品 Adler の低音が鳴らない!」とのお悩みにU字管コルクの交換などを行iい無事修理を終了致しました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-04-26 18:38
Schreiber #3269□
音大生Sさんのご依頼で、音改良を中心に全体調整を行いましたが、Schreiberの設計意図の考察と改造箇所を決定する過程で苦労が多く有りました。しかし、改良後の高評価を伺うとその大変さも何処かに消えてしまいました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-04-25 10:00 | 近況
YFG812 #109□ 修理
ヤマハミュージック東京のご依頼でYFG812を修理致しました。このファゴットは1990年に埼玉工場で生産された物です。(現在は静岡県の豊岡工場で生産)当時従事された関係者のお顔が走馬灯のように浮かんでは消え、とても懐かしく感じました。
f0031383_1816294.jpg

[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-04-20 10:00 | 近況
Heckel #13532/2
今回のご依頼はキィー改造が中心でしたが、指の負荷を軽減する目的で右手薬指の G key と Bb trill key をオーボエの右手小指にある C key と Cis key のような位置関係となるように G key を延長したり、右手の指全体がピアノの鍵盤を押さえる時のような形になるよう三次元的にキィーを延長したりする等、初挑戦のテーマも多く有り緊張致しましたがとても良い経験となりました。又、左手親指 High D key と High C key の位置変更を含めたHigh Keys のコンパクト化、左手小指 Cis key と Es key の関係をカスタマイズ致しました。
f0031383_16491872.jpg

[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-04-17 11:42
Renard by Fox #2172□
音大生のSoaveさんからD3の音程を中心とした修理改造を依頼されました。このD3は抜けや音程に問題が出易い所ですが、特殊な音孔設計でなかったので、音孔パイプを交換しなくても概ね緩和する事が出来ました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-04-17 10:00 | 近況
元大フィル宇治原氏来工房
静岡グランシップで行われた静岡交響楽団によるモーツァルト生誕250周年コンサートに招かれた際に幣工房へお立ち寄りくださいました。楽器やリードに造詣が深く驚きました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-04-15 19:18
YFG-811#323□修理改造
音について以下のような項目をカスタマイズしました。
①Low-D1・・・音程低めに取れるよう改善。
②Cis2・・・音程のつぼを掴み易くする事と程よく抜けるよう改善
③F2・・・開き気味な音色を纏めると共に音程を改善、
④A2・・・硬めな音質を改善
⑤C3・・・抵抗感の緩和と不安定な音程を改善
⑥F3・・・抵抗感の緩和と低めな音程を改善
結果、評価も上々で安いワインも美味しく飲めました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-04-15 16:11 | 近況
Fox m600ss s/n #3501□ 豊橋ちくわ氏ご来訪
f0031383_1539305.jpg豊橋のちくわ氏が楽器の受取りに幣工房をご訪問されました。今回のご要望は左手Eb trill key を右手Eb trill keyに変更する事でしたが、左手Eb trill keyを残す形で改造しました。又オープンFの音程改良や全体の音質改造等とてもスペシャルな楽器になりました。今回はF音孔パイプを変更せず、倍音成分を変化させる事で問題点を乗り切ることが出来、技術的に一歩前進?したような気がします。ご評価も上々で安堵しております。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-04-10 11:42
The Philadelphia Orchestra Principal Bassoon / Mr. Daniel Matsukawa
Daniel Matsukawa 氏から将来メインになるであろうHeckel#865□のキィ改造の依頼を受けて、4/1~4/7まで作業に取り組みました。4/7には#865□の微調整と受取、#712□のジョイントやタンポ調整の為に遠路遥々訪問して頂きました。氏とは2001年6月東京でお会いしたのが初めてで、フィラデルフィア来日コンサートでの事でした。その後、同年8月にNY州のSaratoga springsで楽器調整の為お会いして以来、5年ぶりの再々会となりました。今回はリッカルド・ムーティ 指揮・ヴェルディ:レクイエムに出演の為来日され、その間の僅かな休みを利用しての来工で、とても感謝しております。 
f0031383_16302896.jpg


Heckel#865□のキィ改造他
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-04-07 01:00