<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
YFG812 #303□
西部航空音楽隊備品の全体調整をしました。各ジョイントを糸からコルクに変更並びにダブル(ブーツ)ジョイントのオイル処理を実施しました。ご使用者のN氏からは高評価を受け安堵しました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-03-25 16:07 | 近況
Marigaux Oboe & Belgheroni Oboe
ファゴットから少しだけ横道にずれてOboeを調整させて頂きました。フリーランスのN先生からのご依頼でしたが、小生には【とても】小さな物を扱っているように感じられました。普段はファゴットを見ているからなのでしょうね。(苦笑)
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-03-21 15:57
Moosmann 447a, 448, 450,
ヤマハ・ミュージック・トレーディング株式会社のご依頼によりモースマン3本の全体調整を致しました。モースマンはBb、A音孔上面にメタルカップが使用されていて、此れはタンポから息漏れがないように音孔周囲を【ウツボ状】に突起させた部品です。Heckelでも時折この形状を見かけますが、Heckelの場合は後世のテクニシャンが木部を加工したものと推測されます。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-03-20 15:26 | 近況
Manfred Steinkopf & Bassoonery / Bocals
Steinkopf さんのHeckel S-Bogen CD1とC1 、Bassooneryさんのpre war CC1を修理改造しました。割れている部分の補修や溶接部の修復、音の復元とカスタマイズなど再メッキも含めPD材の割れなど苦労しましたが、実りも多く小生にとって良い経験となり感謝する次第です。
f0031383_15234799.jpg
f0031383_15225064.jpg
Manfred
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-03-18 15:08 | 近況
Heckel #1031□
フリーランスK先生所有の Heckel をオーバーホール致しました。Heckel 71a Schwarz タイプの塗装でしたから、剥げた部分と塗装のある部分との差を少なくする為に、少々工夫が必要でしたが、炭素系の材質で色合わせして対処しました。
f0031383_1571097.jpg

[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-03-11 14:55 | 近況
Neusser Meisterkurse für Fagott
2006/04/17~04/23の期間にファゴットマスタークラスがDuesseldorf-Neussで行われます。講師はOle-Kristian Dahl氏は2001年よりKölner Rundfunksinfonieorchester Solo-Fagottist として活躍中、ノルウェー出身でHannover音楽大学のDag Jensen教授に師事、2004年4月よりエッセンのFolkwang大学で教えている。Henrik Rabien氏はベルリン生まれで、ミュンヘン音楽大学のEberhard Marschall 教授に師事、Bayerischen Rundfunks Sinfonieorchester、Bamberger Symphonikern、WDR Sinfonieorchester等などで活躍、2003年中からフランクフルト・アム・マインにある音楽と造形美術の大学でファゴットの教授を務めている。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-03-10 19:13 | お知らせ
YFG812 #339□ キィー改造
千葉県のA女史のご要望は左手親指 High keys と右手小指 keys の操作性向上にありました。改良段階を 2Stage に分け、今回は Fast Stage で改良しました。この改良レベルで、ご活動に支障がないか、今後のご判断待ちとなりました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-03-03 14:41 | 近況
YFG811 Mark II
フリーランスH女史のご要望はFis1,C3,D3のカスタマイズでした。Heckel CC1との関係等々もあって技術的に困難な部分がありましたが、無事対応が終了し安堵しました。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2006-03-01 14:34 | 近況