Duisburger Philharmoniker Fagottist Herr Carl Sönje Montag!
f0031383_104726.jpg

           (photo提供:Montag氏)

今年の第33回関西ファゴットフェス in 京都ではHerr Carl Sönje Montag (カールジューネ モンターク氏)がKBWブースでエペボーカルをご多忙中、丁寧に試奏して下さいました。結果、中でもAA1タイプを高評価頂きご購入に至りました。この度、京都での試奏評価も含め、詳細コメントを賜りましたので、以下にご紹介させて頂きます。誠実なお人柄のモンタークご夫妻に心より感謝申し上げます。

„Im Juli 2017 hatte ich beim Fagottfestival in Kyoto die Gelegenheit Herrn Kenmochi und seine Épées S-Bögen kennenzulernen. Auf Anhieb empfand ich eine große Spielfreude beim Testen der Bögen.
Die S-Bögen zeichnen sich durch eine präzise Intonation in allen Register aus.
Besonders profitieren das Tenorregister und die hohe Lage. Die S-Bögen ermöglichen einen sehr freien tragfähigen Ton und eine große klangliche Homogenität. Legatoverbindungen durch die Register gelingen mühelos, die dynamische Bandbreite ist ebenfalls sehr groß.
Ich kann die S-Bögen von Herrn Kenmochi wärmstens empfehlen.

Carl Sönje Montag

今年の夏、京都で開催されたファゴットフェスティバルにて、剱持さんが作られたとても素敵なEpeesボーカルと出会いました。会場で試奏させていただきましたとき、どのボーカルを演奏しても音程がよくはまり、試奏していてとても楽しく、そのボーカルの魅力に魅了されました。 特にすべてのボーカルに共通し素晴らしかったのは、テノール音域から高音域の吹奏感の良さとバランス、そして何よりも抵抗感が少なく息がスムーズにボーカルに入る為、音が自由に空気に響き渡れるということです。それによって、深い音の響きが全音域均一しており、その響きのまま低音域から高音域まで楽に出せることができます。また、レガートにかかる音の質の変化を気にすることなく、その統一された音の響きはダイナミックなクレッシェンドをするにも効果的です。沢山の方に是非、剱持さんのボーカルの響きを感じていただきたいです。心から推薦いたします。

カールジューネ モンターク




ロームシアター京都 ノースホール・試奏風景
f0031383_1052799.jpg

ロームシアター京都 サウスホール / 準備完了!開場待ち
f0031383_1055042.jpg

[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2017-09-26 10:45 | 近況


<< J.Püchner #937☐ Heckel #142☐☐/1 >>