ラフマニノフ:チェロ・ソナタ作品19 (ファゴット編)
ファゴットの第一人者による注目の作品集
★発売予定日は2016年8月25日です。
細部に渡りコントロールされたテクニックと、なめらかな響きが生み出すニュアンス豊かな表現は、聴くほどに新鮮。 大曲ラフマニノフをメインに、オリジナル作品(魚返は委嘱)3曲を含む充実のプログラムはファゴット界の第一人者ならでは。長年演奏活動を共にする、悦子氏の卓越したピアノとアンサンブルの妙味も聴き所です。
f0031383_10211582.jpg

f0031383_10212639.jpg


♪ 岡崎耕治 ファゴット
69年、第38回NHK毎日音楽コンクール第3位入賞。72年、武蔵野音楽大学卒業。東京交響楽団に入団。73年、第42回NHK毎日音楽コンクール第2位入賞。74年、北西ドイツ・デトモルト国立音楽大学に留学。山畑 馨、A. ヘンニゲ、H. ユンク各氏にファゴットを、J. ミヒャエルス、H. ヴィンシャーマン、P. マイゼン、T. ヴァルガー各氏に室内楽を師事。76年、宮本文昭(ob)、山本正治(cl)氏と共にフランス、コルマー国際室内楽コンクール木管トリオ部門において、第2位入賞。デトモルト国立音楽大学を首席で卒業。78年、ドイツ演奏家資格試験を最優秀で修了。帰国後、NHK交響楽団に首席奏者として入団。2009年退団。現在、武蔵野音楽大学教授、東京藝術大学客員教授、エリザベト音楽大学非常勤講師として、後進の指導に当たっている。
♪ 岡崎悦子 ピアノ
東京藝術大学付属音楽高校及び同大学卒業。1975年、北西ドイツ・デトモルト国立音楽大学に留学。77年、最優秀の成績で卒業。ピアノを福井直俊、小林 仁、F. W. シュヌア、K. シルデ、G. ヴァシャヘリに、室内楽をJ. ミヒャエルス、A. ヘンニゲ、A. ピュイグ=ロジェ、K. ガネフ、J. ガネフの各氏に師事。国内をはじめ、ドイツ、ハンガリー、ブルガリアの於いて数多くの演奏会に出演。現在、武蔵野音楽大学ピアノ教授。 マイスター・ミュージックより『幻想即興曲〜ショパン作品集』(MM-1215)、『モーツァルト・ソナタ集』(MM-1177)、『ラ・ヴァルス〜2台のピアノのための作品集〜』(MM-2187-88)をリリース。その他、室内楽作品のレコーディングに多数参加。
[PR]
by hiroshi_kenmochi | 2016-08-21 10:28 | お知らせ


<< N響・森田 格 氏 ご来工 Heckel #14613/6 >>