Heckel #161☐☐/5
f0031383_10213744.jpg

ご依頼者:東京都在住 I 氏
修理内容:弊工房LMコース+ご要望

1)分解掃除、グリスアップ、ガタチェック
2)Low Cis key / ピボットスクリュー防錆
3)Low Cis、Low Es、Low D / タンポ合わせ、バネ調整
4)Low B ~ Low D key / 連絡調整
5)右手薬指 G key関係 / タンポ合わせ・動き調整、
6)右手親指 B key 関係 / バネ・動き・連絡調整
7)右手中指 H ring key / リング高さ調整
8)右手小指 As key / バネ調整
9)High E, Hgih Es key / 連絡・ギャップ調整、
10)High H ~Cis、High C 関連 / バネ・連絡調整
11)High D、High C、High A、Cis / バネ調整
12)ジョイント / テナージョイント糸嵌合調整
13)整音調整(ご要望3点)
14)U字管止めネジ部品製作
[PR]
# by hiroshi_kenmochi | 2017-12-13 17:30 | 近況
Berliner Philharmoniker 来日対応
川崎シンフォニーホール楽屋にて
f0031383_15281219.jpg

シュバイゲルト氏(BPO Stefan Schweigert )のお招きで、11月22日ベルリンフィル スペシャル アンサンブル コンサートを試聴しました。(銀座ヤマハホール) F.シューベルト/八重奏へ長調 OP.166, D803に出演されましたが、音質や響きにとても感動しました。 彼は昨年5月にエペ・ボーカルSS1を購入されましたが、この日も愛用されていて、とても気に入られているご様子に、嬉しくも光栄に感じました。(嬉)
f0031383_1534865.jpg

翌23日はエペ・ボーカルの試奏と楽器調整を目的にBPO宿泊のホテルオークラを訪問しました。 モア・ビロン氏(Mor Biron)はエペ・ボーカルを高評価してくださいましたが、残念ながら彼のヘッケル・ボーカルを上回る物は無く、試奏のみで終了しました。 然しながら、AAとFFには興味を持って頂けたようでした。(更に研究しないと。。。)
f0031383_15392129.jpg

シュバイゲルト氏も今回AAに強く興味を持たれました!!
そして、彼のご紹介でエペボーカルに興味を持たれたMs. Fany Maselliの為、持参したボーカルを選定して頂き、後日対応する事になりました。この日、Guilhaume Santana氏にもお会い出来ました。お約束が無かったのでご挨拶のみとなりましたが、エペボーカルには興味を持って頂けた様子で、チャンスが有れば試奏して頂けそうな雰囲気でした。(今後に期待!)
f0031383_15382646.jpg

ホテルオークラでのエペボーカルの試奏と楽器調整を終え、ベルリンフィルの楽団員と共に川崎シンフォニーホールへバスで移動させて頂いて、来年の夏(PMF 2018)までに修理する楽器を受け取り帰宅しました。
[PR]
# by hiroshi_kenmochi | 2017-11-23 15:15 | 近況